展覧会
  • 現在開催中の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 今後の展覧会
当館について
  • ごあいさつ
  • 館長・岩立広子より
  • 出版物
  • 友の会募集
交通案内
プレスリリースはこちら(PDF)

「キリム - アフガニスタンの普段使いの敷物」

2018年11月29日 - 2019年3月16日
会期中の木・金・土曜日 開館
年末は12/22まで 年始は1/4から

キリム アフガニスタン トルクメン族 20世紀前半
族長コート アフガニスタン パシュトゥーン族 20世紀前半
子供用コート アフガニスタン パシュトゥーン族 20世紀
塩袋 アフガニスタン バルーチ族 20世紀
壁掛 アフガニスタン ウズベック ラカイ族 20世紀前半
小物入れ アフガニスタン ウズベック族 20世紀
テントバンド アフガニスタン ウズベック族 20世紀
撮影:笹谷遼平

 インド通いが始まって数年たった1977年、更に西に未知の遊牧民の世界があることを知り、アフガニスタンの最小限の情報を掴み、酷暑のデリーからアリアナ航空に乗り、首都のカーブルに着いた。澄んだ空気と雪山に囲まれ、青いタイルの尖塔を持つモスクを中心に広がる首都は、息をのむ神秘に満ちていた。アフガニスタンの北側には、既に旧ソ連邦に組み込まれた中央アジアの5つの国、トルクメニスタン、ウズベキスタン、タジキスタン、キルギスタン、カザフスタンが続いていたが、それすら私は認識していなかった。下町のバザール街を歩くと、どの店も自然色の平織りのキリムやカーペットが堆く積まれ、その合間にパキスタン スワット地方の手の込んだ衣装やウズベキスタン ブハラ地方の大柄だが伸び伸びとした刺繍布のスザニ、トルクメニスタンのチューリップを模した精緻な刺繍のコートは裏地に木版更紗までついていたものが並んでいた。目が離せなくなり、7年連続で通うことになった。当時、自国を離れ、自由を求めてアフガニスタンに住み着いた周辺国の人々が持ち込んだ、中央アジアの逸品の宝庫がここにあった。中でも、ここで出会った平織りの毛織物「キリム」は、彼らが普段使いにした、華やかではないが今まで見たことのない素朴なデザインで、日本の和室でも使えそうな親近感があった。ひょっとしたら日本民藝館に展示してもおかしくない普遍性があった。現地ではこのキリムは暮らしに欠かせない、屋内でも野外でも織れる生活に密着した織物で、自家産の羊毛を手で紡ぎ、遊牧中に採集した染料を使って染める、ごく日常の暮らしの中で作られた実用品で、手軽に出来るが耐久性は30年位と聞いた。

 その後、ソ連の侵攻によって束の間の平和が崩れ、私のアフガニスタン行きは1983年にピリオドがうたれた。その後の混乱は今にも引きずられ、かつての遊牧の暮らしは、私たちの視界から消え去ってしまった。しかし、大地と共に暮らしていた彼らの営みは、都市から離れた遠隔の地で今だに続けられていると云う情報を聞き、少しほっとした。

岩立 広子




講演会

*申込受付は12月11日(火)からの10:00−16:00にて電話予約をお願いします。(各回、定員40名)
*友の会会員の方は先行予約として12/4(火)から電話予約を受付します。

◉2019年1月29日(火)13:30〜15:30
「西アジア遊牧民の用の美 〜移動生活から生まれた毛織物〜」会費2500円
講師 |榊 龍昭

[1988年イランでのトルクメンの青年との出会いをきっかけに部族絨毯の存在を知り、以後30年に渡って、遊牧民の手仕事を追い求める旅を続ける。同時に、『tribe=トライブ』を主宰し、彼らの暮らしに欠かせないラグやキリムを紹介している。]




ギャラリートーク

◉12月8日(土)◉2月9日(土)=榊 龍昭

◉1月19日(土)◉2月23日(土)=内村 航(学芸員補)

◉2月16日(土)=矢野 ゆう子(キリム作家)
(12/6追加決定)キリム専門家の矢野ゆう子さんにお話いただきます。
技法面からキリムを紐解き、 部族の心意気を感じていただければと思います。


いずれも10:30-11:30 予約不要、会費200円(別途入館料)、会員は無料
上記の日程以外でも、10名以上の団体を対象にギャラリートークを受け付けています。
ご希望の方は、事前にお申し込みください。