展覧会
  • 現在開催中の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 今後の展覧会
当館について
  • ごあいさつ
  • 館長・岩立広子より
  • 出版物
  • 友の会募集
交通案内

「高地に暮らす人々の毛織物 - 中国(イ族)、チベット、ブータン、インド北部」

2017年8月3日 -11月11日
会期中の木・金・土曜日 開館

毛布 チベット 19世紀後半〜20世紀前半 撮影:笹谷遼平

 チベットからのメッセージ(贈物)

 表紙の十字文絞りは、故多田等観師がチベットに滞在中(1913−1923年)厳寒のラサで起居を共にした毛布である。この毛布は当人の「没後50年 多田等観展」が岩手の花巻市立博物館で開催される前年に、奇しくも御自宅で発見され、息女の千枝子さんより当館に寄贈された。一枚はラック染めの燕脂、もう一枚は藍染で、いずれも十字文絞りの入った毛布である。欲しい欲しいと思っていたチベットの絞りがこんな形で館のものになるとは夢にも思わなかった。今更乍ら、この御縁に導かれたことは身に余ることであった。チベット学の権威であり乍ら、そう云う振る舞いは一切なく、人を面白がらせることが得意で、私が東洋文庫(古い木造建築)にお訪ねした時も、アジアの染織を見に行きたいなら何と言ってもインドだよ、カルカッタの街の映画館には赤い絨毯が敷きつめられていて、数千年の歴史のある国だと即座に仰られ、小さな木版染めの小裂をくださった。私にとっては書物からの情報より、実際にその地を見聞した人のコメントは、何より心強いものだった。私がインドに出発する3年前に他界され、私がインドをライフワークにしたことは御存知無いまま今日に至ったのだが、偶然にもこの毛布と僧衣が多田家から発見され、千枝子さんがすぐに、この絞りは広子さんの美術館にと申し出てくださり、胸がドキドキした。歴史上の人物である等観師が現地で使用していた100年前の布が、この小さな美術館に舞い降りてきたのだ。何かこれも、等観師の人を驚かせたいユーモアの一つかもしれないが運命的なものを感じた。偶然の贈物はこの美術館を目指してきてくれたのだろうと思う。今回はこの毛布を中心に類似の十字文絞りの衣装や馬の背飾り、中国北西部イ族のテントのような分厚い防寒着、ブータン中央高原の毛織物、遊牧民のダクパ(インドではモンパ、中国ではメンパ)のヤクや羊のフェルトの衣装や帽子を紹介する。普段注目を浴びない僻地で営々と受け継がれて来た高地の毛織物を展示します。

岩立 広子




講演会

*申込受付は8月15日(火)からの10:00−16:00にて電話予約をお願いします。(定員40名)

9月5日(火)13:30−15:30
「ブータン高地の遊牧民の暮らし」 会費2500円
講師 |久保淳子

[ブータンツアーコーディネーター。大阪外語大学デンマーク語学科卒業。1988年ツアー添乗員として初めてブータンを訪問する。1991〜93年、首都ティンプーに滞在、以来、ブータンの訪問は80回を越える。2000年「ヤクランド」を立ち上げ、ブータンの旅行企画の他、オリジナル資料『ブータン染織紹介、旅で出会った布と人』やブータンに行った気持ちになれるイベントを通じてブータンを紹介している。]


10月3日(火)13:30−15:30
「『神地』の人々と日本人 ——近代チベット・日本交流史」 会費2500円
講師 |高本康子
・かつてラサを首都とするチベットに潜入した日本人たちを通して、
知られざるチベット文化をお話いただきます。

[東北大学大学院国際文化研究科博士課程修了、博士(国際文化)。現在、北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター共同研究員。鎖国状態のチベットに入った日本人が残した様々な記録や資料の分析を重ね、長きに渡りチベットと日本人の関係史を研究している。著書:『ラサ憧憬』『チベット学問僧として生きた日本人』など。]


10月17日(火)13:30−15:30
「福本潮子の藍染めと十字絞り」 会費2500円
講師 |福本潮子

[藍染染色工芸家として1970年代から数々の発表を重ねる。「自然と宇宙」をテーマに、古来からの素材や、現代の技術、独自に生み出した技法など、様々なアプローチで制作を続けている。 最近では、今年3月に、伊勢丹新宿展本館で、菅井汲とのコラボレーション展「革新の創造 個から調和へ」を、7月には桜製作所 桜ショップ 銀座店で「福本潮子展 ー森と天空ー」を開催した。]




ギャラリートーク

8月19日(土)・10月14日(土)=岩立 広子
9月23日(土)・10月28日(土)=廣田 繭子(学芸員)
いずれも10:30-11:30 予約不要、会費200円(別途入館料)、会員は無料
上記の日程以外でも、10名以上の団体を対象にギャラリートークを受け付けています。
ご希望の方は、事前にお申し込みください。