展覧会
  • 現在開催中の展覧会
  • 過去の展覧会
  • 今後の展覧会
当館について
  • ごあいさつ
  • 館長・岩立広子より
  • 出版物
  • 友の会募集
交通案内

「インド 木版更紗 —— 村々で出会った文様の原形」

2018年4月5日 - 7月14日
会期中の木・金・土曜日 開館

女神儀礼布[マーターニーパチェーディ] インド グジャラート州
スカート インド ラージャスターン州
掛布 インド グジャラート州
展示風景
撮影:笹谷遼平

 初めてのインドで、私を捕らえたのは村の人々の普段使いの木版更紗だった。日本の完璧な技法しか見た事のない私には、衝撃的な仕事ぶりだった。糊付され、地面におろされた布の上を動物が歩いたり、人が踏んだりも平気で、誰も気にも留めずに仕事を続ける。大胆不敵。地染めも四人の女が四隅を持って立っていて、バケツに入れた染料にボロ布を浸け、一気に色をぬる。女たちは陽焼けを恐れ、サリーの端で、すっぽり顔を隠している。出来上がった布は、どれも版がずれたり濃淡があったりするが却って、単純な柄を活き活きと見せる。ジャイプルからバグルーを通ってキッシャンガール、途中のジャイランプーラ、そしてアコラへ。道々、同じ柄のスカートが増えていくのも楽しい。ジョードプルからパリへ、その下町の路上で染布を広げていた、白い回教帽の腰の曲がった職人は、私が夢中で見つめる布を見て、「それはドロボーのカーストが使う柄」、何の事かとしばし考えたが、ジプシーの様な人たちではないか、壷作りの女たち、農業をする人、職業によって違うらしい。布も文様も、粗いけど、シンプルで時にユーモラス、おじいさんの熱心な弁舌にすっかり聞き入ったが、最後に寄った時は店仕舞い寸前だった。ジョードプルの城下町の中の排水溝で布を洗っていたり、パキスタンとの国境に近いバルメルでも汚れた溜め池で一斉に洗って、土手に乾かしていた。汚れた水もその為に堅牢度が増すと云う、いい加減な噂もあったが、信ずるものは救われんである。今回は、集まった布を出来るだけ沢山見て頂きたいと思う。久々のインドの村々の更紗展である。

 表紙の、貧しいカーストの人々の間で使われた、女神崇拝の儀礼の染布は、アーメダバード周辺で今でも作られている。重なり合った山々は、恐らく聖山のカイラース山でその頂上の寺院に座す、凛々しい女神をたたえ、黒山羊と楽隊、そして花を持った女性たちが幾重にも囲んでいる図で、手描きのアウトラインを引き、版で色付けされた魅力のある絵で、寺院を持てない貧しいハリジャンの人たちに使われ、愛された布だ。

岩立 広子




講演会

*申込受付は4月10日(火)からの10:00−16:00にて電話予約をお願いします。(各回、定員40名)

4月24日(火)13:30−15:30
「天然と化学のはざま ——インド・グジャラート州の女神儀礼用染色布の生産現場」 会費2500円
講師 |上羽 陽子

[国立民族学博物館准教授 専門は、民族藝術学、染織研究。特にインドを対象として、染織技術や布の役割などについて研究。近年は、インド北東部アッサム地域の野蚕布生産現場に手を伸ばしている。近著に『インド染織の現場 つくり手たちに学ぶ』(臨川書店)]


5月15日(火)13:30−15:30
「インド染織 収集の出発点——草の根の更紗」 会費2500円
講師 |岩立 広子

[1980年代の映像と共に展示品の解説と背景を話します。]




ギャラリートーク

4月21日(土)=岩立 広子

5月26日(土)・6月9日(土)=廣田 繭子(学芸員)

6月23日(土)=岡崎 真奈美(ティモール テキスタイル)

長年、インドネシアをフィールドワークされている岡崎さんに、インドからインドネシアに渡った更紗についてお話していただきます。

いずれも10:30-11:30 予約不要、会費200円(別途入館料)、会員は無料
上記の日程以外でも、10名以上の団体を対象にギャラリートークを受け付けています。
ご希望の方は、事前にお申し込みください。